不動産投資の利回り

不動産投資をするか断ち切るかは、どれくらい勝てるかに関してに掛かってるかと思います。

これは利回りはで、不動産購入前にある程度は計算とれるものです。とはいっても、利回りにもいくつか種類がありますし、高利回りの物件の探し方というのもあります。

ここではそんな利回りに関しまして見ていきましょう。まず、不動産投資における利回りはいったいなんでしょうか。

投資をするにあたりよく聞くのが利回りという単語ですが、これは投資した金額に対してどれほどリターンしたのかを割合で表したものです。

不動産投資では物件価格に対して1年でどれほどの利益が得られるかを確かめる指標になります。そして、こういう不動産投資における利回りにはいくつか種類があります。大きく分けると次の3つがあります。

・表面利回り
・想定利回り
・実質利回り

これらが表す数字はそれぞれ意味が違う。では、次の項でそれぞれの利回りにおいて見てみましょう。

不動産投資における利回りの計算方法という意味

まずは表面利回りだ。これはよく販売図面に記載されている数値で、大まかな収益指標となっています。不動産会社によってはグロス利回りとも言います。

これは次の計算式で計算されます。

表面利回り=年間収入÷購入価格×100
次に想定利回りだ。これは物件を賃貸に出したときの参考収益指標だ。相場賃料を元に算出しているので、実際の家賃では想定利回りから低くなる傾向にあります。

想定利回り=年間収入(想定)÷購入価格×100
最後に実質利回りだ。これは実際かかった税額や管理費などのコストを差し引いて計算しますから、より正確な収益を見ることができます。

ネット利回りとも呼ばれ、不動産投資をする場合に最も注目したいのがこういう数値だ。

実質利回り=(年間収入−年間支出)÷購入価格×100
ちなみに不動産投資で年間による経費は建物管理費や修繕積立金、固定資産税、都市計画税、賃貸管理会社管理費、火災掛け金、税理士や弁護士などへの報酬があります。

実質利回りはランニングコストにてすごく左右されるでしょう。

中でも管理費や修繕積立金が大きな割合を占めている。高い利回りを得るためにはこれらが短い物件、もしくは管理会社を選ぶべきです。

どれくらいの利回りが期待できるのか

不動産は築年数にて利回りがだいぶ変わってきます。不動産投資でどれくらいの利回りを期待できるのか、見てみましょう。

まずは築年数が古くさいマンションの場合だ。一般的には建設してから10年以上のマンションが古いものとされ、本体価格が安くなります。

家賃相場はあまり下がっていないので、表面利回りは8%超が期待できるでしょう。しかし、古くさい分管理費や修繕積立金が高くなり、実質利回りは5~6%が相場になります。

続いて、築浅マンションの場合だ。これは逆に建設してから10年未満のものだ。本体価格がおっきい上に家賃も高額にできないので、表面利回りはせいぜい6~7%でしょう。

ただ、目新しい分ランニングコストが抑えられ、実質利回りは4~5%を期待できるかと思います。

こう見ると、必ずしも真新しい物件を用意する必要はなく、あくまで立地や諸条件などを見て総合的に判断するべきですね。

テクニカル分析のやり方

不動産投資の利回り