機関投資家の行動を予測する

機関投資家がやられて不快ことって何だと思いますか?

それを分析する前に顧客がやられて不快ことを考えてみましょう!

自分のことなので、聞こえる人も多いことと思います。

色々ありますが、一番不快のは、見せ板でしょう。

見せ板の説明はここでは省かせていただきますが、これは資金力がある機関投資家が圧倒的に有利です。

顧客が機関投資家というまともにぶつかっては勝ち目は万に一つもありません。

では、機関投資家がやられて不快ことはなんでしょうか?

それは、見せ板に引っかからないことです。見せ板をしているのに、その板をどんどん食われては、不快気分になります。

見せ板に引っかからないようになれば、もうデイトレーダーの仲間入りでしょう。

随時、株初心者において自分が売却した後に上昇した!!!って言って叱る人がいますが、これは基本的に気にする必要ありません。

なぜなら、そこで売らなければ株価は下落していたかもしれないからだ。

そこであなたが売ったので、機関投資家が株価を吊り上げざるを得なくなった可能性が高いのです。

なので、自分が取引した後の株価を気にするのはやめましょう。

バイナリーオプションとFX

機関投資家の行動を予測する