超長期投資

配当って甚だしく嬉しいですよね。株価の上昇だけではなく、配当金の嬉しさを知ってもらいたいと思います。

株主には配当金がいただけることは知っていますよね?(配当がない会社もあります。そういった会社のことを無配と言います。)

配当金は、やはり相応しいものです。多ければ多いに越したことはありません。

ただ、業績により配当金が下げられる会社もあります。

この会社は株価も下落することが多いので注意が必要です。

配当金の分配をするときに配当性向という言葉があります。

これは、純利益の何%を株主に配当金として分配するかを会社が明確に示したものです。

配当性向を掲げている会社は完全に純利益が勝負になります。

来年の利益が上昇すれば、配当金は増えて、来年の利益が下がるといった、配当金は減ります。

配当性向を設定していらっしゃる会社は利益の予想が完璧にできる人ならば、投資してもいいのですが、利益の予想がなかなかできない場合は、配当性向を設定している会社に投資して配当金を願うのは得策ではありません。

配当性向を明確に示していない会社で配当利回りが4%以上あり、なおかつ配当金が鎮まるリスキーが少ない会社がいいですよね?

あんな会社が分かればとっくに買ってるわ!!!って声が聞こえてきそうですね!笑

実は、極めるんです。100%下がらないというわけではありません、飛び降りる確率が数段低会社というのは、努力次第で生じるんですよ。

ただ、みなさん探し方を知らないだけです。

なぜならば、知っていればみなさん投資して株価が騰がり、配当利回りは下がりますからね。

カードローン自己破産とは

超長期投資