決算日の株価の動き

株式会社の目的は、利益を株主へ還元することにあります。そのため、企業の業績が可愛らしく、収益が向上すれば株主への還元利益が増加して企業価値が高まり、株価が上昇するというのが株式会社の本来の姿だ。まさに、決算前後は最も活発に株価が動く時期だ。とはいえ、決算発表の結果が良ければ必ず株価が上がるかというとそうでもなく、好業績の決算発表の後、株価がじわじわと下がって仕舞うケースもあります。

これは、決算発表前に既に株価の上昇が折り込まれてあり、決算発表により規則正しい株価に落ち着くようにはたらくといった事が考えられます。この場合、多少の業績上昇は顧客によりすでに予想されてあり、予想を上回る業績では無かったため好業績の決算発表後に株価が下がってしまうということが考えられます。顧客は上がるとおもう株を購入するため、決算で発表されてから株を購入しても手遅れかもしれません。

決算日という配当の関係

株式を所有していると、配当金や株主優待を考えることができます。配当金や株主優待を読み取るためには、「権利付最終」の最後まで株を保有している必要があります。権利付最終は、たとえば3月31日が決算日の企業の場合、3月26日辺りで設定されていることが多いようです。

権利付最終の次の日のことを「配当落ち日」や「権利落ち日」と呼びます。こういう配当落ち日や権利落ち日には大概株価が下がります。配当落ち日や権利落ち日まで株を保有していた顧客は、売却しても保有し続けても配当金や株主優待を受け取ることができるため、他の銘柄に投資したいと考えている顧客はこの日に売却することが多いからです。

決算日前後の動きは注視しておくこと

決算日前後には決算発表や配当落ち等の理由により株価が大きく変動する可能性があるため、株式投資にとりまして決算日前後の動きは良く理解しておく必要があります。決算日以外にも決算発表日や配当落ち日等の前後の一般的な動きにおいて望ましく理解した上で、売買するタイミングを決めましょう。

バイナリーオプション

決算日の株価の動き