スーパー定期預金

人間が可愛くいう「定期預金」といっているのは「スーパー定期」になります。

特徴としては「月収」「1年」「3年」といった風に預入期間を選び、定期預金を組んだ時点で金利が最後まで適用される「固定金利」にて利息が発生します。

ちなみにスーパー定期とよく通じる「スーパー定期300」は300万円以上の預入金額がいらっしゃる場合に利用されていらっしゃる。仕組みとしては同じです。

スーパー定期の特徴

定期預金の中で最も身近なスーパー定期。主な特徴やポイントは次のようなものになっていらっしゃる。

・満期が買える固定金利タイプの定期預金
・利率はスーパー定期よりもスーパー定期300の方がおっきい
・一般的には月収~10年の間で預入期間が設定できる
・満期になると自動的に普通預金口座に移し替えされる(別途手続きが必要な場合も)
・満期になると自動継続できるスーパー定期もある(別途手続きが必要な場合も)
・中途解約をした場合「中途解約利率」が適用され利息が鎮まる
・総合口座を通じてスーパー定期を組むといった自動借り換えが使えるようになる
スーパー定期の利息

スーパー定期には「単利型」「複利型」があります。それぞれで頂ける利息が異なるのでチェックしておきましょう。

単利型:元本だけ継続して利息はその都度受け取る
複利型:元本に利息を組み入れて継続する
単利型の場合だと、ほとんどの場合1年ごとに利息が支払われ、それは自由に使うことができます。一方の複利型は一定期間ごとに利息が元本(定期預金で組んだ最初の金額)に組み込まれて、それに対して次の利息が発生します。特に利息を使う予定がないなら複利型の方が最終的に大きな利息が得られます。

スーパー定期を選ぶポイント

以上がスーパー定期の大まかな特長となります。いわゆる我らがイメージする定期預金そのものですね。

では次にスーパー定期を選ぶポイントについてですが、やはり重要になってくるのは「金利」「預入期間」になります。

預入期間が短く、金利が良いものほど優秀なスーパー定期だと言えるでしょう。

定期預金だけに限った話ではありませんが、投資や資産運用の世界では「金利が高いときは長期、金利が低い時は短期」が常識です。ですので、金利がおっきいときは預入期間が長めのスーパー定期を選ぶ、金利が低い時は預入期間が短めのスーパー定期を選ぶようにしたいところです。

スーパー定期は先述した通り固定金利が適用されます。ですので、定期預金を組んだときに金利が大幅に上昇したら悔しいことになってしまいますよね。もちろん解約して再度契約やり直すこともできますが、中途解約による「中途解約利率」が適用されるとしていた以上に利息が少なくなってしまう。

とはいえ金利がどのように変動するかはなかなか見分けることができません。プロですら酷いものが一般生活を営んでいる人間に押さえるはずがないですよね。

ので、オススメなのは基本的に金利が高いところを選ぶこと、そしてあまり長期の預入期間のものを選ばず、短期を選んで満期がくる事に繰り返し契約やり直す、という形が無難です。

もしも「3年後に子供の学費に扱う」といった資産を使う明確な時期が決まっているなら、その時期に満期を迎えるスーパー定期を選ぶという良いと思います。特に扱う予定が決まっていない、10年以上扱う予定も無い、については長期のスーパー定期を組むのもアリかもしれません。

3年以上のスーパー定期なら複利型が宜しい!

先述した通りスーパー定期には単利型といった複利型の2つがあります。一般的には複利型を選択するためには3年以上の定期預金を組まなくてはなりません。いくつかの銀行は自動的に複利型が適用されることもあるようです。

もちろん、毎年発生する利息をお小遣いとして使いたい、といった目的があるなら話は別ですが、特に利用するつもりもない、最終的にできるだけ多くの利息を得たい、と考えるなら複利型を選んだほうが絶対に良いです。

キャッシング破産の割合

スーパー定期預金

機関投資家の行動を予測する

機関投資家がやられて不快ことって何だと思いますか?

それを分析する前に顧客がやられて不快ことを考えてみましょう!

自分のことなので、聞こえる人も多いことと思います。

色々ありますが、一番不快のは、見せ板でしょう。

見せ板の説明はここでは省かせていただきますが、これは資金力がある機関投資家が圧倒的に有利です。

顧客が機関投資家というまともにぶつかっては勝ち目は万に一つもありません。

では、機関投資家がやられて不快ことはなんでしょうか?

それは、見せ板に引っかからないことです。見せ板をしているのに、その板をどんどん食われては、不快気分になります。

見せ板に引っかからないようになれば、もうデイトレーダーの仲間入りでしょう。

随時、株初心者において自分が売却した後に上昇した!!!って言って叱る人がいますが、これは基本的に気にする必要ありません。

なぜなら、そこで売らなければ株価は下落していたかもしれないからだ。

そこであなたが売ったので、機関投資家が株価を吊り上げざるを得なくなった可能性が高いのです。

なので、自分が取引した後の株価を気にするのはやめましょう。

バイナリーオプションとFX

機関投資家の行動を予測する