株式分割はどうなのか

「株式分割」という仕組みがあります。

株式分割は1株あたりの株式を一定の割合で繰り返すことです。1株を2株に分割した場合に株式数は倍になり、理論的には株価は半分になります。

したがって、株の分割により資産が即座に増加・減少する訳ではありません。

以下では、分割の目的や仕組み、メリット・デメリットに関して見ていきます。

会社が株を分割する狙いは、株価を下げ、よりの市場人々に株式売買に参加して味わうことにあります。現在の市場も100万円以上投資しないと最低単位の株式さえ買えない銘柄があります。株価が高騰しておる銘柄は業績が好調であることも多いので、分割を心待ちにしてあるユーザーも少なからずいらっしゃる。

分割の仕組み

株式分割の分割割合・是非は通常、会社の取締役会で決議されます。分割の恩恵を受けるためには「権利付ファイナル」という指定わたる日まで株式を持っていなければなりません。

「権利付ファイナル」の翌日が効力発生日であり、翌日の権利取得後は分割後の株数で取引できるようになります。分割の情報は日経新聞など各種媒体に掲載されるので、チェックしておくようにしましょう。

株式分割の3つのメリット

株式分割には3つのメリットがあります。

①最低投資額が収まるのでユーザーが投資しやすくなる

株式分割により高騰した株価が下落し、ユーザーが投資しやすくなります。

たとえば、1株が50万円の株式があったって決める。その場合には最低でも50万円ないとその会社へ投資することができません。

50万円は簡単に用意できるお金ではないことから、会社側が1株を5株に分割すれば最低10万円用意すれば投資することができるようになります。市場により多くの人が参入望める機会を株式分割が与えて受け取ることになるのです。

②既存の株主の資産運用のフレキシビリティーが上がる

既存の株主の資産運用のフレキシビリティーが高まります。たとえば、株が5分の1に分割されるといった、高騰した株を一度に譲る必要はなく、今後の資産運用によって少しずつ売ることができます。また、買い増すことも分割前よりハードルが小さくなり、資産運用の選択肢が高まるのが株式分割のメリットのひとつと言えます。

③市場の流動性が高まり、健全な株価が形成される

株式分割にて、市場人々が増えて取引が活発になれば、市場人々は買いたいときに買い、売りたいときに売れるようになります。これを「市場の流動性が厳しい」状態と言います。

株価は買い手と売り手の均衡点ですが、適正価格が必ずしも維持されているとは限りません。売買取引を行う市場人々が低く、価格が硬直化する可能性があるからです。逆に、市場人々が多く流動性がおっきいことは健全な株価形成を助けることになります。

株式分割の2つのデメリット

株式分割には2つのデメリットもあります。

①投機の対象になる可能性がある

株式分割は会社の経営が順調です場合に浴びることが多いです。会社側が株式分割をするのは将来的にも経営に自信を持っているからと評価される場合があります。こうした評価は市場にとってはよろしいことなのですが、株式値上がりの材料として投機の対象になってしまうことがあります。

株価がのぼりすぎてしまうという以後は買い手がいなくなり株価は暴落することがあります。市場人々としては手早く儲けたい、という軽々しい気持ちから投機に乗ってしまうと、手痛い損害を被ることにもなりかねません。

②会社側の事務処理の煩雑化(株主総会の招集など)

会社側の事務処理が煩雑化し、負担が大きくなるケー。

会社側は定期的に株主を株主総会に招集して、会社経営に対する承認手続き等を行わなければなりません。株式分割は小口のユーザーを繰り返す反面、株主にも等しく株主総会招集通知をおくる必要があります。しかし、株主総会の招集通知を送るためには、期末末の株主を特定しなければなりません。株主数が多いと会社側の事務処理の負担を繰り返すことになります。

現在の市場においては取引の最低単位が10万円から100万円の範囲で収まってある会社が多いです。理論的にはさらに株式分割をすることもできますが、数万円程度の株主のために限られた労力をさかなければならないのでは割合合いません。

株式分割銘柄は損する

過去には株式分割銘柄の売買で儲かることができました。2006年以前、株式分割の権利付ファイナルって効力発生日は50日離れていても法制度上は問題ありませんでした。そして、株式分割の権利は与えられても真に売りに浮き出るのは50日後に罹る、ということで株式が「品薄」という評価されて株価が上昇したのでした。

こういう品薄は理論的には説明がつかないものなのですが、実際の株価は株式分割発表後に急上昇するものが続出しました。会社の業績が評価されて株価が上昇するのが本来の姿ですものの、株式分割などの材料を発表するため株価が上昇するようになってしまったのです。

もちろん、業績の裏付けのない株価上昇は一過性のものでした。投機の対象となった銘柄が下落することは健全と言えますが、損失の穴埋めをするために優良株が出回るようになるなど、不健全な取引は各所に影響が出てきます。

株式分割を材料に投資して儲かったのは過去の話、投資をする時折割安なものを貰う、という視点を忘れてはいけません。

投資のメリットとは

株式分割はどうなのか

超長期投資

配当って甚だしく嬉しいですよね。株価の上昇だけではなく、配当金の嬉しさを知ってもらいたいと思います。

株主には配当金がいただけることは知っていますよね?(配当がない会社もあります。そういった会社のことを無配と言います。)

配当金は、やはり相応しいものです。多ければ多いに越したことはありません。

ただ、業績により配当金が下げられる会社もあります。

この会社は株価も下落することが多いので注意が必要です。

配当金の分配をするときに配当性向という言葉があります。

これは、純利益の何%を株主に配当金として分配するかを会社が明確に示したものです。

配当性向を掲げている会社は完全に純利益が勝負になります。

来年の利益が上昇すれば、配当金は増えて、来年の利益が下がるといった、配当金は減ります。

配当性向を設定していらっしゃる会社は利益の予想が完璧にできる人ならば、投資してもいいのですが、利益の予想がなかなかできない場合は、配当性向を設定している会社に投資して配当金を願うのは得策ではありません。

配当性向を明確に示していない会社で配当利回りが4%以上あり、なおかつ配当金が鎮まるリスキーが少ない会社がいいですよね?

あんな会社が分かればとっくに買ってるわ!!!って声が聞こえてきそうですね!笑

実は、極めるんです。100%下がらないというわけではありません、飛び降りる確率が数段低会社というのは、努力次第で生じるんですよ。

ただ、みなさん探し方を知らないだけです。

なぜならば、知っていればみなさん投資して株価が騰がり、配当利回りは下がりますからね。

カードローン自己破産とは

超長期投資

スーパー定期預金

人間が可愛くいう「定期預金」といっているのは「スーパー定期」になります。

特徴としては「月収」「1年」「3年」といった風に預入期間を選び、定期預金を組んだ時点で金利が最後まで適用される「固定金利」にて利息が発生します。

ちなみにスーパー定期とよく通じる「スーパー定期300」は300万円以上の預入金額がいらっしゃる場合に利用されていらっしゃる。仕組みとしては同じです。

スーパー定期の特徴

定期預金の中で最も身近なスーパー定期。主な特徴やポイントは次のようなものになっていらっしゃる。

・満期が買える固定金利タイプの定期預金
・利率はスーパー定期よりもスーパー定期300の方がおっきい
・一般的には月収~10年の間で預入期間が設定できる
・満期になると自動的に普通預金口座に移し替えされる(別途手続きが必要な場合も)
・満期になると自動継続できるスーパー定期もある(別途手続きが必要な場合も)
・中途解約をした場合「中途解約利率」が適用され利息が鎮まる
・総合口座を通じてスーパー定期を組むといった自動借り換えが使えるようになる
スーパー定期の利息

スーパー定期には「単利型」「複利型」があります。それぞれで頂ける利息が異なるのでチェックしておきましょう。

単利型:元本だけ継続して利息はその都度受け取る
複利型:元本に利息を組み入れて継続する
単利型の場合だと、ほとんどの場合1年ごとに利息が支払われ、それは自由に使うことができます。一方の複利型は一定期間ごとに利息が元本(定期預金で組んだ最初の金額)に組み込まれて、それに対して次の利息が発生します。特に利息を使う予定がないなら複利型の方が最終的に大きな利息が得られます。

スーパー定期を選ぶポイント

以上がスーパー定期の大まかな特長となります。いわゆる我らがイメージする定期預金そのものですね。

では次にスーパー定期を選ぶポイントについてですが、やはり重要になってくるのは「金利」「預入期間」になります。

預入期間が短く、金利が良いものほど優秀なスーパー定期だと言えるでしょう。

定期預金だけに限った話ではありませんが、投資や資産運用の世界では「金利が高いときは長期、金利が低い時は短期」が常識です。ですので、金利がおっきいときは預入期間が長めのスーパー定期を選ぶ、金利が低い時は預入期間が短めのスーパー定期を選ぶようにしたいところです。

スーパー定期は先述した通り固定金利が適用されます。ですので、定期預金を組んだときに金利が大幅に上昇したら悔しいことになってしまいますよね。もちろん解約して再度契約やり直すこともできますが、中途解約による「中途解約利率」が適用されるとしていた以上に利息が少なくなってしまう。

とはいえ金利がどのように変動するかはなかなか見分けることができません。プロですら酷いものが一般生活を営んでいる人間に押さえるはずがないですよね。

ので、オススメなのは基本的に金利が高いところを選ぶこと、そしてあまり長期の預入期間のものを選ばず、短期を選んで満期がくる事に繰り返し契約やり直す、という形が無難です。

もしも「3年後に子供の学費に扱う」といった資産を使う明確な時期が決まっているなら、その時期に満期を迎えるスーパー定期を選ぶという良いと思います。特に扱う予定が決まっていない、10年以上扱う予定も無い、については長期のスーパー定期を組むのもアリかもしれません。

3年以上のスーパー定期なら複利型が宜しい!

先述した通りスーパー定期には単利型といった複利型の2つがあります。一般的には複利型を選択するためには3年以上の定期預金を組まなくてはなりません。いくつかの銀行は自動的に複利型が適用されることもあるようです。

もちろん、毎年発生する利息をお小遣いとして使いたい、といった目的があるなら話は別ですが、特に利用するつもりもない、最終的にできるだけ多くの利息を得たい、と考えるなら複利型を選んだほうが絶対に良いです。

キャッシング破産の割合

スーパー定期預金

機関投資家の行動を予測する

機関投資家がやられて不快ことって何だと思いますか?

それを分析する前に顧客がやられて不快ことを考えてみましょう!

自分のことなので、聞こえる人も多いことと思います。

色々ありますが、一番不快のは、見せ板でしょう。

見せ板の説明はここでは省かせていただきますが、これは資金力がある機関投資家が圧倒的に有利です。

顧客が機関投資家というまともにぶつかっては勝ち目は万に一つもありません。

では、機関投資家がやられて不快ことはなんでしょうか?

それは、見せ板に引っかからないことです。見せ板をしているのに、その板をどんどん食われては、不快気分になります。

見せ板に引っかからないようになれば、もうデイトレーダーの仲間入りでしょう。

随時、株初心者において自分が売却した後に上昇した!!!って言って叱る人がいますが、これは基本的に気にする必要ありません。

なぜなら、そこで売らなければ株価は下落していたかもしれないからだ。

そこであなたが売ったので、機関投資家が株価を吊り上げざるを得なくなった可能性が高いのです。

なので、自分が取引した後の株価を気にするのはやめましょう。

バイナリーオプションとFX

機関投資家の行動を予測する

決算日の株価の動き

株式会社の目的は、利益を株主へ還元することにあります。そのため、企業の業績が可愛らしく、収益が向上すれば株主への還元利益が増加して企業価値が高まり、株価が上昇するというのが株式会社の本来の姿だ。まさに、決算前後は最も活発に株価が動く時期だ。とはいえ、決算発表の結果が良ければ必ず株価が上がるかというとそうでもなく、好業績の決算発表の後、株価がじわじわと下がって仕舞うケースもあります。

これは、決算発表前に既に株価の上昇が折り込まれてあり、決算発表により規則正しい株価に落ち着くようにはたらくといった事が考えられます。この場合、多少の業績上昇は顧客によりすでに予想されてあり、予想を上回る業績では無かったため好業績の決算発表後に株価が下がってしまうということが考えられます。顧客は上がるとおもう株を購入するため、決算で発表されてから株を購入しても手遅れかもしれません。

決算日という配当の関係

株式を所有していると、配当金や株主優待を考えることができます。配当金や株主優待を読み取るためには、「権利付最終」の最後まで株を保有している必要があります。権利付最終は、たとえば3月31日が決算日の企業の場合、3月26日辺りで設定されていることが多いようです。

権利付最終の次の日のことを「配当落ち日」や「権利落ち日」と呼びます。こういう配当落ち日や権利落ち日には大概株価が下がります。配当落ち日や権利落ち日まで株を保有していた顧客は、売却しても保有し続けても配当金や株主優待を受け取ることができるため、他の銘柄に投資したいと考えている顧客はこの日に売却することが多いからです。

決算日前後の動きは注視しておくこと

決算日前後には決算発表や配当落ち等の理由により株価が大きく変動する可能性があるため、株式投資にとりまして決算日前後の動きは良く理解しておく必要があります。決算日以外にも決算発表日や配当落ち日等の前後の一般的な動きにおいて望ましく理解した上で、売買するタイミングを決めましょう。

バイナリーオプション

決算日の株価の動き

決算日とは

決算は、1年間の企業の売上や利益などの収支を計算することですが、上場している企業は決算の内容を発表する必要があります。決算の最後の日を決算日と言い、決算日後に決算資料をまとめて発表することを決算発表と言います。

決算日は会社ごとに上げることができます。たとえば、みずほフィナンシャルグループは、決算日が3月31日であるため、4月毎日~翌年3月31日の1年間が決算期間だ。

法律上決算日から2カ月以内に決算申請をする必要がありますが、多くの最大手では決算日から1カ月以内には決算を取り出し、その次の月に決算発表を行います。たとえば、2015年のみずほフィナンシャルグループの場合、期末が3月31日、決算発表日が5月15日というスケジュールでした。

会社四季報で決算日を確認する場合、四季報では月までしか表示されておらず、上記のみずほフィナンシャルグループの場合には3月と表記されています。多くの企業が決算月の末を決算日としていますが、家具やインテリア用品のニトリホールディングスは2月20日を決算日としているなど、例外もあります。

決算日と決算発表日は企業ごとにホームページに掲載されているので、インターネットで検索すると良いでしょう。

決算日を決めるポイント

一般的に、決算日は暇な月に設定するのが良いとされています。各企業、各業種に時節というものがありますが、時節に決算するのは大変からです。

たとえば、イオンなど小売業の決算日は2月に定められていることが多いという特徴があります。コンビニ業界大手のセブン&アイホールディングスやローソン、ファミリーマート。イオンの他ダイエーや良品計画なども2月決算だ。昔からニッパチと言われ、2月という8月は景気が悪いと言われていますが、特に小売業ではその影響が広いのでしょう。なお、ユニクロを経営するファーストリテイリングの決算日は8月だ。

最大手は3月決算が圧倒的に多い

決算日は暇な月に設定するのが良いとお伝えしましたが、その原則に反して、最大手の場合、多くが3月を決算日としています。これには、国や自治体の予算期間が4月~3月ですことや昔行われた総会屋対策という側面があります。

国や自治体は年間の予算が余らないように3月に発注が集中する傾向にあります。国や自治体から仕事を受注した企業は3月31日を決算日とする結果、その受注分も含めた決算書を発表することができるのです。また、最近では少なくなりましたが、昔は総会屋と呼ばれる株主の権利を乱用して株主総会を荒らす目的の人達が頻繁に出没していました。その対策として多くの最大手が株主総会の日を同じ日にしたのです。総会屋の数には限りがあるので複数の株主総会を荒らされることを防ぐことが目的だ。

なお、3月の次に多いのが12月で、これは、海外の多くの企業が12月を決算としてあり、海外に親会社や子会社を持つ場合にスムーズに決算を行うことができるからです。

決算で作成される決算書は

決算日が過ぎると、企業ごとに決算書が生まれます。決算書にはたくさんの種類がありますが、メインは貸借対照表という損益勘定、キャッシュフロー勘定の3つだ。

貸借対照表

貸借対照表はバランスシート(B/L)とも呼ばれるもので、企業の一定時点(決算日時点)の財産状況が分かります。

損益勘定

損益通算所はP/Lとも呼ばれるもので、企業の一定期間(決算期間)の企業活動の成果を表します。その決算期間の収益という費用が記されてあり、その1年間で企業が儲けたか、損したかが分かります。

キャッシュフロー勘定

企業の一定期間(決算期間)のお金の出入りを表します。キャッシュフロー勘定では、営業活動でのお金の動き、投資活動でのお金の動き、財務活動でのお金の動きの3つに分けてお金の動きを把握することができます。

上記3つは財務3表と呼ばれ、決算書の内特に重要なものです。これらの決算資料は各企業のホームページに掲載されてあり、「IR情報」や「株主の皆様へ」というページで閲覧することができます。

バイナリーオプション必勝法

決算日とは

外出時の株価チェックはスマホ?PC?

■やっぱりPC

「自分の売買スタイルでは、ラインが引けないことや、明確にサポートやレジスタンスポイントが把握できないというしんどいので、スマホで売買する事はできません」

サポートやレジスタンスといったチャートの節目を把握しづらいスマートフォンではトレードすることが難しいという意見だ。手軽にトレードもらえる分、さまざまな機能が省略されているスマホで本格的なトレードをすることは厳しいのかもしれません。また、

「外出時のサブツールとしてスマホは優秀だと思いますが、あくまでもサブツールであり、ノートとはいえパソコンの使い勝手には全く及びません」

というコメントもあります。スマホはあくまでサブ的位置づけであり、チャートを分析することにおいてはまだまだパソコンに優位性があるという意見だ。

非常時だけスマホを使うというのも上手な使い方と言えそうです。

■スマホの今後に期待

一方、私はスマホに一票入れたいだ。スマホ用アプリというものをFX業者が今後出して行くものと思われます。(中略)…ラインを退くなどの分析は苦しいかもしれないですね。それも今後の需要次第ですが」ってコメントしています。

スマホの需要が急成長を遂げているいま、FXトレードにおいても改善が期待できると言えそうです。トレーダーにおいて外出しているときのトレードには誰もが苦しむもの。タブレットにスマホ、手法によってそれぞれの利点を活かしたツールを選択することが大切なのかもしれません。

バイナリーオプションの攻略

外出時の株価チェックはスマホ?PC?

不動産投資の利回り

不動産投資をするか断ち切るかは、どれくらい勝てるかに関してに掛かってるかと思います。

これは利回りはで、不動産購入前にある程度は計算とれるものです。とはいっても、利回りにもいくつか種類がありますし、高利回りの物件の探し方というのもあります。

ここではそんな利回りに関しまして見ていきましょう。まず、不動産投資における利回りはいったいなんでしょうか。

投資をするにあたりよく聞くのが利回りという単語ですが、これは投資した金額に対してどれほどリターンしたのかを割合で表したものです。

不動産投資では物件価格に対して1年でどれほどの利益が得られるかを確かめる指標になります。そして、こういう不動産投資における利回りにはいくつか種類があります。大きく分けると次の3つがあります。

・表面利回り
・想定利回り
・実質利回り

これらが表す数字はそれぞれ意味が違う。では、次の項でそれぞれの利回りにおいて見てみましょう。

不動産投資における利回りの計算方法という意味

まずは表面利回りだ。これはよく販売図面に記載されている数値で、大まかな収益指標となっています。不動産会社によってはグロス利回りとも言います。

これは次の計算式で計算されます。

表面利回り=年間収入÷購入価格×100
次に想定利回りだ。これは物件を賃貸に出したときの参考収益指標だ。相場賃料を元に算出しているので、実際の家賃では想定利回りから低くなる傾向にあります。

想定利回り=年間収入(想定)÷購入価格×100
最後に実質利回りだ。これは実際かかった税額や管理費などのコストを差し引いて計算しますから、より正確な収益を見ることができます。

ネット利回りとも呼ばれ、不動産投資をする場合に最も注目したいのがこういう数値だ。

実質利回り=(年間収入−年間支出)÷購入価格×100
ちなみに不動産投資で年間による経費は建物管理費や修繕積立金、固定資産税、都市計画税、賃貸管理会社管理費、火災掛け金、税理士や弁護士などへの報酬があります。

実質利回りはランニングコストにてすごく左右されるでしょう。

中でも管理費や修繕積立金が大きな割合を占めている。高い利回りを得るためにはこれらが短い物件、もしくは管理会社を選ぶべきです。

どれくらいの利回りが期待できるのか

不動産は築年数にて利回りがだいぶ変わってきます。不動産投資でどれくらいの利回りを期待できるのか、見てみましょう。

まずは築年数が古くさいマンションの場合だ。一般的には建設してから10年以上のマンションが古いものとされ、本体価格が安くなります。

家賃相場はあまり下がっていないので、表面利回りは8%超が期待できるでしょう。しかし、古くさい分管理費や修繕積立金が高くなり、実質利回りは5~6%が相場になります。

続いて、築浅マンションの場合だ。これは逆に建設してから10年未満のものだ。本体価格がおっきい上に家賃も高額にできないので、表面利回りはせいぜい6~7%でしょう。

ただ、目新しい分ランニングコストが抑えられ、実質利回りは4~5%を期待できるかと思います。

こう見ると、必ずしも真新しい物件を用意する必要はなく、あくまで立地や諸条件などを見て総合的に判断するべきですね。

テクニカル分析のやり方

不動産投資の利回り

株は負けてる人のが多い?

多くの個人投資家が負けていることは、分かったと思います。

では、実際に例を出して個人投資家が負けているパターンを出しましょう。

株価が必ず元の値段に戻ると仮定したとき、すべての投資家の資金の動きは、100%になります。(手数料や税金は考慮していません。)

100%と言うのは、仮に1万円入れたら1万円返ってくると言う事です。

しかし、個人投資家だけのトータルならば、100%なんてとてもじゃないですけどないでしょう。

というか勝っている人のほうがごくわずかです。

では、そのお金はどこに行っているのか?

もうお分かりですね!

機関投資家と言われるプロの方達のところへお金が流れています。

例を出してみましょう。

機関投資家は、1億円のお金を持っています。そして一人です。個人投資家は1万円のお金を持っています。そして、100人います。

そのうち、機関投資家の人は、80万円儲かりました。個人投資家の人達は、90人が0円になりました。そして、残りの10人が1万円づつ儲かりました。

この場合勝ち組は、101人中11人です。そして、90人は負け組です。しかし、お金が移動しただけですべてのお金を足すと同じ金額になります。

大抵市場の流れはこうなっています。

個人投資家が機関投資家にお金をあげている状況です。

まずは、これが現状だということを理解してください。

正直言って、物凄い数字です。

普通の人ならば、とてもじゃないですが、手を出せません。

しかし、裏を返せば10%の個人投資家は勝っているわけです。

つまり、10%の個人投資家になればいいのです。

バイナリーオプションのテクニカル分析方法

株は負けてる人のが多い?